>  > 30か国の男と経験ありの風俗嬢

30か国の男と経験ありの風俗嬢

数年前に初めてデリヘルに行った時のことです。風俗嬢は部屋に入ってくるなりいきなり私のアソコを触ってきました。そして開口一番「やっぱり日本人のあそこは固いよね」と言うのです。それで一気に緊張はほぐれたのですが、「どういうこと?」と聞くとその風俗嬢はいままで何人もの外人と遊んできて外人のは大きいけど勃起しているにもかかわらず結構ふにゃふにゃの人が多いというのです。どれぐらいの外人とやったか聞いたらなんと30か国計56人とやったみたいです。特に外人が好きと言うわけではないのですが、クラブに行くと声をかけられ、気分がよくなっている状態だからよっぽどのことがない限り断らない結果そこまで膨れ上がったとのこと。外人の場合(もちろんお国柄にもよるのですが)ストレートな表現が多く、結構速く挿入したがる傾向にある反面、日本人はむっつり系だからかねちっこいプレイが多いと笑いながら言われました。変態には日本人のプレイがたまらないみたいです。

左遷は風俗で乗り切る事にした

悲しい現実ではあるんですけど、左遷させられる事になってしまいました。そりゃ会社は直接左遷だなんて言いませんけど、内部の人間であればそういった事情くらいは分かるじゃないですか。肩書きとしては上がるんですけど事実上の左遷。かなりショックではありますけど会社って実力の世界ですから、これをバネにって思うしかないですからね。ただなかなか簡単に消化出来るような事でもなかったので、風俗に行って女の子に話を聞いてもらいつつ、抜いてもらいました(笑)それに、左遷ではあっても赴任先が風俗街なのでその点は楽しみなんですよね。これまでは仕事浸けで男としての悦びさえも後回しにしていた自分がいるので、これを機にちょっと自分を見つめ直すというか、女の子ともいろいろと楽しんでみようかなって気持ちにもなってきましたね(笑)聞けば赴任先はピンサロだけで20は軽くあるとか。そんな事を聞いたら今からビンビンになっちゃいますよね。

[ 2015-08-04 ]

カテゴリ: 風俗体験談